あそんでたのしい暮らし vitabenegi.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

たのし~く人生を送りたい


by ricaco
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:ピラティス ( 1 ) タグの人気記事


転機と再会


d0340318_09561573.jpg


直観に従う

2か月前からピラティスを8年ぶりに再開。
今日は家用にストレッチ用バンドを買ってきました。
これで脚の筋を伸ばすと、坐骨神経痛気味のだるさが
消えてくれます。ありがたい一品です。


d0340318_09551601.jpg

その昔は月に2回、マシンを使ってのピラティスを教えてもらっていました。
この頃知り合った友人に「ピラティスをやってる」と言ったところ、
それまでピラティスが何かすら知らなかった彼女が、
DVDを見ながら家でお試し後、突然インストラクターの資格を
取りに通い始めちゃったんです。
そしてその彼女が今の私のインストラクター。

その後、私はピラティスから離れ、お互いに環境が変化していくうちに、
私も割と大きな引っ越しをしたので、彼女とは全く連絡をとらないまま
7年くらいの月日が流れていました。

この8月の初め、前日からどうしても和食が食べたくなり、
「よし明日は何があっても、あそこのレストランにランチに行こう!」と
決めていました。美味しいのですが、少し距離があるので
私は滅多に行かないレストランです。

当日、出発が遅れたため駐車場は見つからないし、
お昼休みも短くなっていきます。
普段だと諦めてサンドイッチを買って帰ったりするのですが、
その日はどうしてもそこの和食ランチを食べなくては
気が済みませんでした。
ようやく駐車場も見つかり席につくと、前方に見覚えのある女性が
座っています。なんともよく響く声で話しているので、
聞くとはなしに話が聞こえてきて、
どうやら「私、この人知ってる!」という内容。
そこで私が声をかけると、彼女は何が起こったのかが
判らない様子のまま唖然としています。
そりゃ出遭うとは思ってもみない街での再会なのですから。

今や彼女は自分のスタジオを持ち、インストラクターとして
活躍されています。そして私はその翌日から5人くらいで受ける
マット・ピラティスのクラスに通い始めました。
8年のブランクはそれはそれは大きく、昔は出来たことが出来ません。
腹筋がピクリともしないこと多々あり。

今にして思うと、どうしてもあそこにランチに行かなくてはと
思ったのは導かれてのこと。他にも色々あったこの夏なのですが、
彼女との再会は私の意識を変えるのにひと役かってくれています。
前から知ってはいましたが、これがあって以来、
直観を信じようと強く思うようになり実践中です。



[PR]
by giocasempre | 2015-10-05 10:12 | 気付き