あそんでたのしい暮らし vitabenegi.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

たのし~く人生を送りたい


by ricaco
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2015年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧


サンタクルーズ近郊へ


d0340318_07142518.jpg


寒い一日

木曜からサンクスギビングの休暇中のアメリカ。
サンクスギビングの翌日の金曜日は、
「ブラック・フライデー」と呼ばれる
クリスマス大商戦第一日目となる大セールの日。
最近では木曜の午後6時くらいから店を開けている
ところも多いようです。

そんな中、私は南下致しましてサンタクルーズ近郊を
ぶらぶらしてきました。
当初ナパに行ってワイナリー&アウトレット案も出たのですが、
「買い物は激混みだからやめよう」ということで、
海を求めてサーフィンの街へGO!
ここに私達お気に入りのイタリアン・レストランが
ありまして、まずはそこでお昼を食べながら腹ごしらえ。

そしてそこからもう少し南に下ったAPTOSとCAPITOLAの
ちっちゃな街に向かいます。年に2回くらいそこに行って
イノチのセンタクをするのが定番。

上の写真はAPTOSにある雑貨屋さん。
とってもお洒落なクリスマスのディスプレーが
並んでいました。

が、今回は寒いっ!気温も低いけど、風が強い。
びゅ~びゅ~と風が体に突き刺さってくるかの如くで、
「ビーチ沿いなんて歩いてる場合じゃない」ということで、
そそくさと海沿いから撤収。
「コーヒー、コーヒー。コーヒー飲まないとやっていけない」と
いつもの美味しいコーヒー屋に向かうと、あっらぁ、お休み!
歩いて海沿いまで戻って、コーヒー、ゲット!
あんなに寒がっていたのに、友人はアイスクリームも注文して
食べてるからビックリ!

帰りはPacific Coast Highwayを北上。
横に太平洋が広がっていて、波間からサーファー達の姿が
見え隠れしています。この辺の海、夏でも冷たいんですよね・・

あんまりにも寒いので、雑炊、豚の角煮、茶わん蒸しという
夕飯で暖を取りました。











[PR]
by giocasempre | 2015-11-29 07:40 | あそび | Trackback | Comments(0)

d0340318_12573826.jpg

CUTE

NY在住の友人が送ってくれた
MACY'Sデパートの今年の
クリスマスデコレーションの光景です。
可愛い~~!!
観に行こうと思っているザ・ピーナッツの新作映画も
公開されてますしね。

スヌーピーがいない!?と思ったのですが、
よ~く見たらいました、いました。

パリのプランタンやラファイエットも素晴らしいですが、
これもキュートでいいですねっ!



[PR]
by giocasempre | 2015-11-24 13:05 | アメリカ | Trackback | Comments(0)

内感して気付くこと


d0340318_11151474.jpg


内観


昨日街を歩いていたらクリスマス仕様になっていて、
ウキウキするとともに寂寥感にも襲われてしまいました。
生活は便利でいいのですが、雪が降ってくれると
情緒があっていいんですけどね~

先日、ヒプノセラピストでもありレイキヒーラーでもあり
ここにもコメントを頂く亜希子さんとお話する機会が
ありました。
話題の中心は、「自分を変えたかったら、まずは内観して
自分と向き合え」でした。

自分と向き合うのって怖いですよね~
他人のことはよく判るけど、自分のことになると
途端に判らなくなることって多いですよね。
しかしそれでは変化は起こらない、
自分が問題視していないと答えは見つからないん
ですよねぇ。あぁ、人生辛い。

あと人と比べて、底辺と比較して優越感に浸りがちな
思考もダメ。これ結構経験しますね。
「は?何をおっしゃってますの?」と呆気に取られます。
もっと自分を観ましょう~と激励したくなります。
って、自分もやってるんだろうな。

最近の変化で著しいのが、その人というより
その人の現在持っている意識に対して、
「あ、今はダメだわ」と思うことが多くなって
「お互いに変化して、相容れるようになるまでは
距離感を大切にしましょ~!」となったこと。
良い悪いではなくて、受け入れられるか否かで
人間関係にも変化が出てきているようです。

来年はどんなことになるんだろ?




[PR]
by giocasempre | 2015-11-23 12:05 | 気付き | Trackback | Comments(0)

昨今の変化


d0340318_10220149.jpg


あそぶとたのしい


このブログを立ち上げるきっかけになった
私の「あそんでたのしみたい!」という
モーレツな衝動、いやもう魂の叫び。

そしてこの数か月、魂のニーズにお応えしてるんですが、
楽になりましたね~。

まず人間関係ががらりと変わりました。
会いたかったような方達に会えるようになったり、
その方達がまた誰かとつないでくれたり。
メールの差出人をみると、3か月前には知りもしなかった方々の
名前が羅列されています。
また共通の知り合いがいたというのも多々あります。

そして過去の辛かった出来事等が、実は私にこういう気付きを
もたらそうとしていたのか!と実感中。
辛かったのは、私が「私自身」じゃなかったからなんだなって感じ。
そりゃ辛いはず。でもそれが世間では「正しい」ってことになって
いるから気が付きづらかったんでしょうね~
なんとなく自分に忠実になったら、変化が起こって、意識がどんどん
変化していくのも実感中。今まで面白いと思っていたものが、
そう思わなくなっていることが一番のオドロキ!

一気にわ~っと盛り上がったのが少し収束して、一回おさらいして、
お次でしょうか?とは思う今日この頃。これからお正月にかけて
お餅でも食べながらクリアにしていこっかなぁ~

「こうしたら楽しいのになぁ~」と思うことって
もしかしたら深いところからのメッセージかもしれないので、
人に迷惑をかけないようなことだったら、トライしてみると
いいかもしれません。自分が開放されて、意識の変革が起こると
自分の鏡である周りが変わりますもの。

しかし私の魂というか本質は「あそび好き」ってことなんだろうか?
あそんで自分も周りの人もそれで心底たのしめれば
いいなぁ~と思うのでした。



[PR]
by giocasempre | 2015-11-16 11:02 | 気付き | Trackback | Comments(2)

d0340318_13593688.jpg


究極のスピリチュアル映画「クリスマス・キャロル」


先日も書きましたが、めっきり寒くなり
朝は吐く息が白く曇るようになりました。
そして今日の夕方スーパーの駐車場の柱の上には
電飾の天使が飾られているではないですか!
考えてみれば今月初めから店頭には、
クリスマス商品が所狭しと並べられていましたわ。

そしてこんなものを発見!!「Dickens Fair」!
正式名称Great Dickens Christmas Fair & Victorian Holiday Party.
ディケンズ・ファンでクリスマスには欠かせない映画が
「クリスマス・キャロル」。
もしかしてこんな衣裳を着て踊らせてもらえるのかしら?!
来週末から始まるんだ~ 
別にご飯は期待してないけど、雰囲気だけ味わってこよっかなぁ~

「クリスマス・キャロル」、良い話ですよね。
人間、自分が変れば周りも変わるというのを
あんなにハッキリと教えてくれるのも
他にないんじゃないかと思います。
究極のスピリチャル映画かも。



[PR]
by giocasempre | 2015-11-14 14:14 | あそび | Trackback | Comments(0)

d0340318_15153065.jpg


Autumn

最近ようやく雨が降ってくれるようになって、
空気も街も綺麗になったので、先日久々に
近所のトレイルに歩きに行ってきました。
清々しさ満点!
日が落ちるのが早くなったので、平日の帰宅後に
行けなくなったのが残念。仕方ない、ジムに行くか・・

そう言えば最近、右の肋骨の下あたりから
脇腹にかけて筋肉痛になるという経験を致しました。
痛くて痛くて、動く度に「痛いっ!」と声を
出して生活してました。やっぱりジムに戻って
基礎体力作りでしょうか・・・

ということで、めっきり秋になりましたね。
朝晩の冷え込みに加え、昼間も寒くなってきました。
秋といえば栗。アメリカではケーキのモンブランは
一般的ではなく、日系のケーキ屋さんに行っても
あまり見かけません。

モンブラン好きの私、一ヶ月くらい前レシピを検索しながら
「誰か作ってくれないかなぁ~」と思っていたらばっ!
今日お邪魔したお宅のデザートに出てきたんですっ!!
お手製モンブラン!甘さ控えめ、栗の味しっかり!
これぞ「ザ・引き寄せの法則?! The Law of Attraction?!」
Abraham万歳!!

こちらで頂いたオニオングラタンスープ、
人生で食べた中で一番美味しかったです。














[PR]
by giocasempre | 2015-11-11 15:41 | 気付き | Trackback | Comments(0)

地中海料理「KOKKARI」


d0340318_05193877.jpg

オリーブオイル絶品

昨夜は人気満点地中海料理屋「Kokkari」にて
女性四人で夕飯。
このレストラン、とにかく人気で週末の
ゴールデンタイムの予約はかなりの待ちになるようで、
我々の予約時間はなんと午後5時!
(7時には終わってしまう・・・)と思ったのですが、
これを逃すといつになるか判らないので決行。
私、このレストランに予約入れたのに、
キャンセルせざる得なくなった苦い想い出がありまして
ひとりでちょっと敗者復活戦の感あり。

アペタイザーは、ライスをブドウの葉で包んだギリシャの
代表料理ドルマデス。これに使われていたオリーブオイル、
隠し味のように軽いのに存在を主張するという
初めての経験だったように思うのですが、他の三人にも
今度聞いてみましょう。
もう一品はタコをレモン、オリーブオイル、オレガノで
味付けてソテーしたもの。

サラダはMaroulosalata。柿がスライスしてあり、
きゅうり、ナッツなどにあっさりとしたドレッシングが
かかっていました。

メインは一番上の写真がポークをグリルで廻しながら
焼いたものが一品。

そしてこちらは白魚。(すごいピンボケ)

d0340318_05204236.jpg

ラム肉のラザニア風。

d0340318_05211613.jpg

で、こちらが私が頼んだラム肉。
すっごいボリューム。
結構苦手が方もいますが、私はラム好き。
でもこれは勿論半分以上持ち帰りとなりました。

d0340318_05201793.jpg

デザートも大変美味しかったのですが、
写真も撮らず、名前も覚えておらず・・・

結局またしても食べて話していたら、
あっという間に9時になっていました。




[PR]
by giocasempre | 2015-11-09 06:06 | あそび | Trackback | Comments(0)

d0340318_13073849.jpg



別れ、出会い、好みの変化


先週の水曜に送別会をしたベトナム料理屋で、
この火曜は歓迎会。節操ありませんねぇ~

先週のお見送りは気功を一緒に習っていた友人の
旦那様の日本への帰任に伴う帰国でした。
帰任辞令が出て、たった3週間での帰国。
あまりにも帰り支度が大変で数時間前まで
会えるかどうかも判らなかったという危うさ。
翌日帰ってしまうのに!

送る荷物も自宅用、倉庫用、人に譲る用に分けて
運送屋に梱包指示をしているうちに何が何だか
判らなくなってきたり、車も売らなきゃいけない、
犬の検疫用の書類も用意したりと、最後の数日間は
健康ドリンクを一日5本飲んで乗り切ったそうです。
お別れと言っても、結局バカ話して大笑いして終了。
次回は日本で!

そして昨日は歓迎会。こちらは同僚四人でのこと。
更なるバカ話にお腹がよじれ、目の周りが黒くなるほど大笑い。
素晴らしい歓迎会だったはずです。

ふと数えると9日間のうちに3回ベトナミーズ・ディナー。
美味しいのにお手頃価格なのも魅力。
昔は外食と言ったらイタリアンとかフレンチとか食べないと、
外で食べた意味がないと思っていたのに、今じゃひたすら
アジアもの。そういうことなんですねぇ~、しみじみ。

本当に人生、出会いがあり別れがあり、そして年齢とともに
色々と変化していきますね。

ちなみに写真は上記の日本に帰国してしまった友人と
一ヶ月半くらい前に食べたタイ料理の一品。
中にカニが入っていました。












[PR]
by giocasempre | 2015-11-05 13:40 | たべもの | Trackback | Comments(0)

d0340318_12360194.jpg


勧善懲悪好きという気付き


ここのところハマっているドラマがこちら、
上の写真のヴィオラ・デイビス演じるところの
大学教授で弁護士のアナリース・キーティングが、
自分のブレインであるインターンの学生とともに
被告を裁判で無罪に持っていく過程が描かれています。
(日本でも放映されていたようですね)

しかしそこにはスパイもどき行為あり、裏切りあり、都合の悪いことは
ひたすら隠すなど、「そこまでする?」的なことも多いのですが、
妙にテンポ良く展開していくのが気持ちいいのと、
「人を助けるには、そのくらいしないとダメかもね」と、
どこか人情に訴えてくるところがありまして、ハマってしまいました。

勧善懲悪好きだったんですね、という気付きが起こりました。(笑)

また普段、鉄のように厳しいアナリーズの女性としての弱い部分や
苦悩といったのもうま~く表現されていて、
「判る、判る。男って本当にそうなのよね・・」と同情心をあおられ、
また人情に訴えられてしまいます。

そしてなんたってこの女優の演技のうまさ。
よく「American Idol」なんかで審査員が参加者に向かって
「あなたのパーソナリティーが感じられない」という感想を
述べているのを耳にしたことがあって、イマイチよく判らなかったのですが、
この女優の場合、彼女のパーソナリティも感じられるのに、
役に成りきっているのを見て、初めて腑に落ちました。
エミー賞を受賞したのも納得。

そしてプロットも見事なんですよね~~!!!

d0340318_12361350.jpg


ちなみにこの中に出てくるウェス・ギブンズ役の俳優、
アルフレット・イーノック(下段中央)は「ハリー・ポッター」シリーズにも
出演していたんだとか。全作見ているのですが、全く覚えがありません。

さ、今晩も続きを見なきゃ♬



[PR]
by giocasempre | 2015-11-03 13:07 | アメリカ | Trackback | Comments(0)

米国ではニューオリンズ


d0340318_09173922.jpg


チコリコーヒーとベニエ


英国の話ばかりしているので、今日は米国のお話。

アメリカで一番印象に残っている街がニューオリンズ。
上の写真フレンチクォーターの街並みは、
ディズニーランドのモデルなんですよね、確か?
あんな感じの可愛らしいパステルカラーの建物が
並んでいました。

いかにもアメリカ南部と言う感じで、
プランテーション時代の名残りを漂わせています。
そう「風とともに去りぬ」っぽさが味わえるんです。
食べ物的には「フォレスト・ガンプ」風が味わえます。
クレオール料理、ソウルフード好きの私にはたまりません。

d0340318_09182098.jpg

中でも私が毎日2回くらい通ったのが、
今や日本にも進出した「Cafe du Monde」。
朝はここでチコリコーヒーを飲みながらベニエを食べ、
日中疲れたからと言っては休憩しに行き、またしても同じメニューを
頼んでいました。もうこの組み合わせ最高!

d0340318_09191548.jpg

あまりジャズファンではないのですが、ルイ・アームストロングだけは別で、
銅像を発見して御挨拶。

市内を走っている路面電車に乗りながらの移動中、
12歳くらいの黒人の少年がドラムスティックを両手に
持ちながら下りていきました。
そしてその少年、スティックを持った手を前後に伸ばしながら
軽やかにジャンプしながら信号を渡っていきました。
その姿があまりにも優雅にしなり、またその跳躍力が凄くって
「鹿の少年」として今でも思い出すことがあります。

夜、繁華街を友人と歩いていると昼間に会った男性組が
ある店の前に立って何かを相談していました。
「あれ、あの人達、昼間会ったよね?何やってるんだろ?」と友人と話ながら、
その店の前まで行ってみると、ストリップ・バー。
「え~、こんなの初めてみたよねっ!」と驚く若い少女二人。
店の人が「入っていけばいいじゃん。楽しいよ」というので、
社会勉強の一環として店内に入っていくと、
女性が右手のステージでひらひらと踊っています。
しかし我々はすーっとそこを通り抜けさせられ、
店のお姉ちゃんに誘導されるまま奥に通されます。

ステージはあるのですが、誰もいません。
すると一番前の席に座らせられ、照明が少し暗くなりました。
音楽が鳴り始め、舞台袖から男性ストリッパーが出てくるじゃないですか。
呆気にとられる友人と私。そうこうしているうちにその男性が
舞台袖まで来てチップを要求してくるじゃないですか!
「え、何、何?私達、こんなもの見たいって言ってないよっ!」と
思いつつ、ここはアメリカ。大人しくチップを渡します。
それをビキニパンツに挟みこんだお兄ちゃん。
やれやれと思っていたら次は白人男性登場。

はっきり言って、なんにも面白くもありませんでした。
なんか色気とか妖艶さとか、隠された感じのものもなくって、
目に見えるものが全て・・みたいな。
ジムでトレッドミルで機械的に走っている男性の姿と
あんまり変わらないのかなぁ。
またチップを要求されたので、渡すだけ渡して
店をあとにしました。
「経験しないより、した方が良い」派の私なのではありますが、
時としてこういう目にも遭ってしまいます。

私、この辺に住んでたことがあるんだろうなぁ~と
この時何故か思ったのが不思議でした。
懐かしいというあの感覚。
後年、「あなた昔、ミシシッピ川沿いに住む黒人のビッグママだった
前世があるわよ」と言われ、妙に納得しました。

この時は食べれなかったのですが、数年前にザリガ二を
食べるチャンスがあったのですが、そこに居た全員で
「まっずい。ドブくさいっ!」と、まぁ評判の悪かったこと。




[PR]
by giocasempre | 2015-11-01 10:10 | アメリカ | Trackback | Comments(3)