あそんでたのしい暮らし vitabenegi.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

たのし~く人生を送りたい


by ricaco
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Put it There



d0340318_05404338.jpg

ポール・マッカートニーの曲に”Put it There"という
タイトルのちいさなステキな曲があります。

父親から息子へのメッセージ。
「そんなに背負い込むことはないよ、
もしあまりにも大変だったら、自分にもそれを分けてくれ、
ふたりでだったらどうにか出来るから」

"Put it there, if it weighs the ton"
私に向かって投げかけられたのは、このフレーズ。
”背負い込みすぎたら、一旦どかしてごらん”

苦しい時って自分を見失ってますよね。
だから苦しいんですよね、自分じゃないから。
一枚一枚、時には十枚くらい、その苦しみを
剥いでいきましょう!
他人が自分に抱いている期待を裏切っていくと
自分に戻っていくことが多々あるようです。
それは他人が抱く自分像であって、本当の自分とは
違うようなのです。

他人に救いを求めても、他人が自分を取り戻してくれると
期待するのもやめましょう。人の言うことを聞くのもいいのですが、
他人はやはりその人が期待する「像」と「常識」で説得しようと
しますから。常に自分自身がどう反応しているのか、混じりのない
気持ちで自分に聞いてみましょう。

ただ他人の話を聞いて、自分の中の糧のひとつにすることは
「知恵」になり、また新しい発見にもなるかもしれません。
そうやって世の中を知っていくことは、他人の置かれている状況を
察する想像力を養うことでしょう。ここが欠けると、自分の勝手な
思い込みと押し付けられた概念と常識で自分だけでなく、他人すらも
制限しようとするようになってしまうんですよね。

「あれ、重いな、変だな、苦しいな」と思ったら、
今、背負っているものをどかしてみましょう!
自分自身を軽くして、スペースを空けておくと、
ステキなことが舞い降りやすくなりますもんねっ!







[PR]
トラックバックURL : http://vitabenegi.exblog.jp/tb/23121341
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by giocasempre | 2016-05-06 06:39 | 気付き | Trackback | Comments(0)